海外旅行との相性がとてつもなく良いおすすめクレジットカードを厳選!

今回は、海外旅行と相性が良くメリットが多いクレジットカードを中心に紹介していきたいと思います。

クレジットカードを海外旅行に持っていくメリット

クレジットカードのなかには海外旅行中に持っているだけでさまざまな特典や保証があったり、現地ATMを利用できるカードがあります。

また、海外旅行でお金を安全に持って行く方法でも書いていますが現金とあわせ持つことでトラブルにあった際のリスクを減らすこともできます。

  • 紛失・盗難時の保証がある
  • 付帯保険(ショッピング保険、海外旅行保険など)がある
  • 現地ATMで通貨を引き出せる
  • 空港のラウンジが使える

海外旅行でおすすめのカードブランド

海外旅行で持って行くべきクレジットカードのカードブランドはVISAカードです。クレジットカードにはVISA、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナースの5大国際ブランドがありますが、その中で絶対に外せないのはVISAカードです。

VISAカードはクレジットカードが使えるお店の99%で使えるからです。JCB、アメックス、ダイナースの場合、使えないお店が海外では結構あり、MasterCardはVISA並みに使えますが、VISAの方が世界的に知名度が高いのでおすすめです。

しかし、ハワイでトロリー(ピンクライン)に無料で乗れたり、その他オリジナルの優待があるJCBも旅行先によっては持って行くことをおすすめします。

年会費無料のクレジットカード

エポスカード



カードブランド
VISA
年会費
無料
入会資格
18歳以上、学生可
交換可能マイル
ANA、JAL
ポイント還元率
0.50%~1.25%
発行
最短即日発行
付帯保険
海外旅行保険自動付帯

海外旅行に持っていくクレジットカードでいちばんのおすすめです。

年会費無料なのに海外旅行保険で重要となってくる傷害治療200万円、疾病治療270万円などの補償が自動付帯しています。もちろんキャッスレス治療。

カード発行して持っているだけ!それだけで価値があるクレジットカードです。

特典が充実しているクレジットカード

楽天プレミアムカード



カードブランド
VISA、JCB、MasterCard、AMEX
年会費
無料
入会資格
20歳以上
交換可能マイル
ANA
ポイント還元率
1.00%~5.00%
発行
通常1週間
付帯保険
海外旅行保険自動付帯

500以上の都市、140以上の国や地域で1,200ヵ所以上のちょっと贅沢な空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」に年会費無料で登録することができます。

海外旅行保険で重要な補償の傷害治療300万円、疾病治療300万円などが自動で付帯しています。

楽天グループでの利用はいつでもポイントが5倍!楽天スーパーポイントを貯めている方にもおすすめです。

マイルが貯まるクレジットカード

ANA JCBワイドゴールドカード



カードブランド
JCB
年会費
15,120円
入会資格
20歳以上
交換可能マイル
ANA
ポイント還元率
1.00%
発行
最短3営業日
付帯保険
海外旅行保険自動付帯

年会費が15,120円と高いですが、海外旅行保険で最も重要な傷害・疾病治療が各300万円と充実した補償内容の海外旅行保険が自動付帯しています。

さらに家族特約で傷害・疾病治療各200万円が自動付帯しています。

ANAのマイルも貯まりやすいバランス良いゴールドカードです。

保険が充実しているカード

ミライノカード GOLD



カードブランド
JCB
年会費
3,240円
入会資格
20歳以上
交換可能マイル
ポイント還元率
0.50%~1.00%
発行
最短即日
付帯保険
海外旅行保険自動付帯

ゴールドカードなのに年会費が3,240円(税込)でキャッスレス治療の海外旅行保険が自動で付帯。

しかも傷害・疾病治療が各500万円の補償額。さらに家族特約も傷害・疾病治療が各250万円自動付帯しています。

とにかく海外旅行保険が充実しているおすすめのクレジットカードです。

まとめ

今回は、海外旅行に持って行くべき必須のクレジットカードを紹介しました。持って行くだけでさまざまな特典があるクレジットカードなので、ぜひ活用して、より良いお得な海外旅行を楽しんでください。

SHARE