海外旅行で安全に現金を持ち歩く3つの法則とお金を持って行く方法

海外旅行に持っていくお金は、どのくらい必要でどうやって持って行くか迷いますよね。

海外にお金を持って行く方法はさまざまですが、必ず必要なのが現金です。しかし、現金は紛失や盗難に非常に弱く、無くしても盗まれてもなんの保証もないし、海外は治安の良い日本と違うのでまず無くしたものが帰ってくることもないです。さらに言うと最悪日本に帰ってこれないなんてこともあり得えます。

それではどうするか。

結論から言うと、現金だけで海外旅行するのは危険なので、必要最低限の現金とクレジットカードを持って行くことをおすすめします。

今回は、安全に楽しく海外旅行をするために必要なお金や持って行き方についてまとめました。

ベストな組み合わせは現金+クレジットカード

海外旅行でベストな組み合わせは、現金とクレジットカードです。

他にデビットカードや海外プリペイドカードなどもありますが、手数料や入金・出金の手間などを考えるとあまり必要性はないと思います。(18歳未満など特定の条件では必要になる場合もあります)

現金だけでは危険な理由

現金があれば支払いに困ることはまずないと思います。チップや小さなお店、屋台、タクシーやその他の移動手段でも、クレジットカードに対応していないところでは現金が必要です。しかし、現金にはデメリットがあります。

  • 盗難や強盗にあった場合の保証がない
  • 両替しないと何もできない

このリスクを回避するためにおすすめするのは、現金は小額だけでカードで支払えるところは全てクレジットカードを使うことです。

現金はいくら持って行く?

訪れる国や地域によって違いはありますが、ホテルや航空券は日本で予約していて支払いも済んでいる前提だと、一般的に1人あたりの1日平均予算は3,000円〜5,000円と言われています。

必要な予算は「1日の予算×滞在日数+予備=合計」

例えば、2人で1週間行った場合は、42,000円(1日3,000円)〜70,000円(1日5,000円)

海外でこの金額を持ち歩くのはかなり危険です。

現金を安全に持ち歩く方法

海外旅行をする際の注意点で一般的に言われていることですが、

  • 必要以上に持ち歩かない
  • 分散して持つ
  • 派手な格好をしない

必要以上持ちあるかない

海外旅行の際、私は基本的に必要最低限の現金しか日本から持っていかず、もしも現金が足りなくなったらクレジットカードを使ってキャッシングしています。

そして、持ち歩く現金は最低限だとしても常に持ち歩くのは危険なので、その日に必要な現金のみ持ち歩いて、それ以外の現金はホテルのセキュリティボックスにしまっています。

分散して持つ

1つのお財布に全ての現金を入れておくのは、盗難にあった時に何も無くなってしまうリスクがあります。

リスクを分散するためには予備のお財布などに現金を分けることをおすすめします。しかし、お財布を分散して持っていても後ろのポケットや口の開いたバックなどに入れるのはスリに遭う可能性があるので危険です。

私の場合は、大きな単位の紙幣とクレジットカードはそのまま右前のポケット、小銭と小さい単位の紙幣はお財布に入れて、左前のポケットに入れています。さらに、持ち歩くのはボロボロの安い財布という念の入れようです。

派手な格好をしない

海外では日本人と言うだけでお金を持っているというイメージが定着しています。

その上、高級ブランドのカバンを持っていたり洋服を着ているとなると更にお金を持っていると思われてスリに遭う可能性が高くなります。

私は少し使い古したようなブランド物ではない洋服をできるだけ着るようにしています。そのお陰か、スリや盗難の被害に遭ったことはないです。

クレジットカードのメリット

クレジットカードには現金のデメリットを補うメリットがたくさんあります。

  • 紛失・盗難時の保証がある
  • 付帯保険(ショッピング保険、海外旅行保険など)がある
  • 現地ATMで通貨を引き出せる
  • 空港のラウンジが使える
  • クレジットカードのポイントが貯まる
  • ホテルのデポジットでカードが必要な場合がある

上記のように盗難時の不正使用の保証をしてくれたり、緊急再発行サービスがあったり、万が一怪我した際に海外旅行傷害保険がついてたりするので最低でも1枚は持って行くべきですが、万が一使えなくなった時や紛失した時のために2枚は持って行くことをおすすめします。

おすすめのクレジットカード

エポスカード



カードブランド
VISA
年会費
無料
入会資格
18歳以上、学生可
交換可能マイル
ANA、JAL
ポイント還元率
0.50%~1.25%
おすすめ
・海外旅行保険自動付帯
・最短即日発行

海外旅行に持っていくクレジットカードでいちばんのおすすめです。年会費無料なのに海外旅行保険で重要となってくる傷害治療200万円、疾病治療270万円などの補償が自動付帯しています。もちろんキャッスレス治療。カード発行して持っているだけ!それだけで価値があるクレジットカードです。

MIRAINO CARD GOLD(ミライノ カード ゴールド)



カードブランド
JCB
年会費
3,240円
入会資格
20歳以上
交換可能マイル
JAL
ポイント還元率
0.50%~1.00%
おすすめ
・海外旅行保険自動付帯
・最短即日発行

ゴールドカードなのに年会費がなんと3,240円。しかも海外旅行保険がかなり充実していてゴールドカードで傷害・疾病治療補償が500万円なのはこのカードだけです。年会費を抑えつつ、保険を充実させたい方におすすめです。

まとめ

海外旅行で安全に現金を持って行く方法と注意点をご紹介しました。

  • 必要最低限の現金しか日本から持っていかない
  • 現金はまとめて持たないで分散して持つ
  • 持ち歩く現金は小額にしてカードで支払えるところは全てクレジットカード
  • 現金が足りない時は海外ATMでクレジットカードキャッシング
  • 紛失・盗難対策でカードは2枚持ちがベスト

うまく使い分けてリスクを回避し、安全に海外旅行を楽しんでください。

SHARE